Home

ラウリル硫酸Naとココイルイセチオン酸Na(SCI)のちがい

こんにちは、今回はシャンプーバーの主要な成分であるラウリル硫酸Naとココイルイセチオン酸Na(SCI)の違いについてご説明します。

結論的には、TANE全身シャンプーバーに使用しているココイルイセチオン酸Na(SCI)の方が体に優しく高級品です

シャンプーバーを開発する時に、どちらにするか悩んだ末にSCIを選びました。その理由について解説したいと思います。

両方とも洗浄力が高く泡立ちが良い

まず、ラウリル硫酸Naとココイルイセチオン酸Na(SCI)は両方とも洗浄力が高く、泡立ちが良いため、シャンプーバーに頻繁に使用される成分です。

ラウリル硫酸Naは、石油(鉱物油)を含む場合がある合成原料(天然由来ではない)

ラウリルアルコールと硫酸ナトリウムから合成されます。ラウリルアルコールは椰子油やパーム油から抽出された脂肪酸のアルコール成分で、石油から合成することもできます。硫酸ナトリウムは硫酸とナトリウムの化合物で、天然には存在せず、主に海水や鉱脈から採取されます。これらの成分を反応させることで、ラウリル硫酸Naが生成されます。 

つまり、石油から合成される原料を含む(必ずしも天然由来ではない)成分で、皮膚刺激性によって頭皮や肌を乾燥させる可能性があります。

大手ブランドのほとんどはラウリル硫酸Naを主成分としています。

ココイルイセチオン酸Na(SCI)は植物由来成分で保湿効果があり、高価

一方、ココイルイセチオン酸Na(SCI)は天然由来の成分で、植物(ココナッツ)から作られます。

ラウリル硫酸Naと比べて、皮膚に対する刺激が弱く、体にやさしいとされています。

また、天然の保湿効果により、乾燥肌にもおすすめの高級成分とされています。

ラウリル硫酸Naに比べて価格が高いため、一般的な市販シャンプーバーには使用されることが少なく、高級/高品質なシャンプーバーに使用される原料です。

ココイルイセチオン酸Na(SCI)の注意点

ココイルイセチオン酸Na(SCI)にも注意点があります。一部の方には肌に合わない場合があり、刺激を感じることがあります。

肌との相性を確認するため、使用前には必ずパッチテストを行ってください。

まとめ:TANE全身シャンプーバーはココイルイセチオン酸Na(SCI)を主成分としています

ラウリル硫酸Naとココイルイセチオン酸Na(SCI)はそれぞれ特徴がありますが、上記の理由から、TANE全身シャンプーバーの開発にあたっては、ココイルイセチオン酸Na(SCI)のを主成分に採用しました。