Home

自宅介護をラクにする便利グッズに注目!

自宅で介護をするということは、とても大変なことです。介護する人もされる人も、毎日の生活の些細なことで、さまざまな困難やストレスを受けますよね。

母が祖父を自宅介護して看取ったのですが、葛藤やストレス、誰も悪くないのに蓄積してしまうイライラなど、綺麗事ではない大変さを感じました。

そんなときに、少しでも介護の負担を軽くしたり、快適にするために役立つのが、介護の便利グッズです。移動や入浴、食事や排泄、睡眠や服薬など、介護に関するさまざまなシーンで使える道具や商品は、介護の負担を減らしてくれます。

便利グッズで作られるちょっとの余裕で幸福度UP

今回は、自宅介護で使える便利グッズをおすすめしたいと思います。

これらのグッズは、自分で簡単に使えるものや、介護者の負担を減らすもの、要介護者の不快感や不安を和らげるものなど、さまざまなメリットがあるものを取り上げました。ぜひ、自宅介護の生活に取り入れてみてください。

ちょっとの余裕で、日常の幸福度を少しでも上げていかれるといいですね😊

全身シャンプーバー(固形の全身シャンプー)

まず紹介するのは、CHANT東京のTANE全身シャンプーバーです。

泡立ち泡切れよく一気に全身洗える国産無添加石鹸(無香料)

これは、椿とお米の天然素材でできた固形のシャンプーで、髪・顔・体すべてを洗えるオールインワンの商品です。シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・洗顔料・化粧水など、いろいろなものを使わなくても、これ一つで済むので、とても便利です。

泡立ち泡切れがよく、肌にも髪にも優しく無香料であることから、介護施設でも使われています。

自宅介護に役立つTANE全身シャンプーバー

自宅介護でTANE全身シャンプーバーを使うと、以下のようなメリットがあります。

介護がしやすい:介護される方に不安や不快感がない

泡立ち泡切れ抜群

TANE全身シャンプーバーは、泡立ち泡切れがよく、肌にも髪にも優しいので、身体介護がしやすくなります。

液体のシャンプーやボディソープは、手に取るとこぼれたり、泡立てるのに時間がかかったりしますよね。

TANE全身シャンプーバーは、手に持ってそのまま髪で泡立てることができ、そのまま全身一気に洗えて、とても便利です。

国産・無添加・無香料で療養中の方も気持ちよく洗える

洗浄料が肌や髪に合わないと、かゆみやかぶれなどのトラブルが起こって、不機嫌になってしまったりしますよね?

TANE全身シャンプーバーは、国産原料で無添加・無香料。

もともとは息子のアトピーに悩んだ母親が開発したものです。

肌や髪に刺激を与えず、無香料のため、病気療養中で皮膚や嗅覚が過敏な方も安心して使えます。

節水・節約になる

TANE全身シャンプーバーは、少量の水で泡立てることができ、また泡ぎれも良いのですすぎの水も少量ですみます。

液体のシャンプーやボディソープ(9割が水)に比べて、水を使っていないため、なんと1個にボトル4本分の成分が入っています。

1個で全身2ヶ月以上洗えて、長持ち

そのため、水道代や洗浄料代を節約することができます。

環境にやさしい

TANE全身シャンプーバーは、天然の植物由来成分100%で、環境にやさしいです。

プラスチックのボトルや容器を使わないので、プラスチックゴミの量も減り、ゴミ処理の手間も減ります

省スペースになる

TANE全身シャンプーバーは、固形でホルダーに置くだけでいいので、省スペースで掃除も楽になります。

液体のシャンプーやボディソープは、ボトルや容器が大きくて、浴室や洗面所に置くと邪魔になりますし、掃除も面倒ですよね…

ボトルを全部捨ててこれだけにすると浴室がスッキリして気分が良いし、持ち運びも便利なので入院の際も慣れたものを使えて安心です。

自宅介護に便利な全身シャンプーバーで、介護する人もされる人も、清潔で快適な生活を!ぜひ、一度試してみてください

使い捨てグローブ

次に紹介するのは、使い捨てグローブとビニール袋です。

衛生的

使い捨てグローブとビニール袋を使うと、排泄の介助や清掃などのシーンで手や衣類に汚れやにおいが付くのを防ぎ、細菌やウイルスの感染リスクも低減できます。

洗濯の手間が減る

使い捨てグローブを使うと、汚れたタオルや布巾などを洗濯する必要がありません。洗濯は、自宅介護ではかなりの時間と労力を要する作業になるので、なるべく洗濯物は減らしたいですね。

処分が簡単

汚れたものやゴミをそのままビニール袋に入れて捨てることができ、汚水や臭いの発生を抑えることができます。常備して、ゴミ処理もなるべく省力化したいですね。

ワンハンド爪切り

最後に紹介するのは、ワンハンド爪切りです。これは、片手で簡単に爪を切ることができる便利グッズです。

台付きの爪切りに爪を挟んで、ハンドルを押すだけで、小さな力で爪を切ることができます。

片手で爪切りできる:片側麻痺の方や握力が弱っている方も1人で簡単

台に手を置いてハンドルを押すだけなので、片側に麻痺がある方や握力が弱っている方、不自由な方でも爪切りができます。

また、介護者が爪を切るときにも、要介護者の手を安定させやすくなります。

安全で快適

ワンハンド爪切りを使うと、怪我や深爪を防いで安全に爪を切れます。刃がカーブしているので、皮膚を切ることはないし、爪の長さを調節できるので深爪になりすぎることもありません。爪を切ったときに、爪がトレイに収まったり、爪切りがしっかりと固定されるので、爪切りが快適になります。

以上で、自宅介護をラクにする便利グッズについてのご紹介です。

これらのグッズは、自宅介護の生活に役立つものばかりです。

自宅介護は、大変なことも多いですが、便利なグッズを使って、少しでも楽に、快適にして、介護する人もされる人も、笑顔で過ごせるように環境を整えたいですね!

全身シャンプーバーの使い方