BLOG

【悪化する理由がない】アトピー肌にはシンせっけん【無添加 お手頃】

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う湿疹を繰り返す慢性的な皮膚疾患です。

「赤くなる」、「赤いブツブツ」、「ジクジクで液が出る」、「ボロボロ皮がむける」、といった湿疹があらわれます。 長引くと皮膚が「硬くゴワゴワ」になっていきます。 湿疹は体の左右対称にあらわれることが多く、顔、首、頭、ひじ、ひざ、おなかや胸から背中にかけてなどが症状の出やすい部位です。

多くの方が幼少期から発症しますが、年齢によって症状の出方や重症度が変化します。

症状の種類

アトピー性皮膚炎の主な症状は以下の4つです。

  • かゆみ: 強い痒みは皮膚を傷つけ、悪化の原因となります。
  • 湿疹: 赤み、ブツブツ、かさぶたなど、様々な形態で現れます。
  • 乾燥: 皮膚のバリア機能が低下し、乾燥しやすくなります。
  • 苔癬化: 慢性化により皮膚が硬くゴワゴワになります。

痒くて掻いてしまうことで、湿疹になり、皮膚バリア機能が低下して、乾燥が慢性化していきます。

年齢によって症状が変化する

アトピー性皮膚炎は、年齢によって症状の出方が変化します。

  • 乳幼児期: 顔や頭部に湿疹が現れます。
  • 小児期: 顔や首、腕、脚などに湿疹が現れます。
  • 成人期: 症状が軽くなる場合もありますが、慢性化するケースもあります。
  • 高齢期: 乾燥肌がひどくなり、かゆみが出やすくなります。

年齢とともに症状が改善する人もいれば、慢性化する人もいるため、適切なスキンケアと治療が重要です。

ストレスが大敵

アトピー性皮膚炎は、ストレスによって悪化することがあります。ストレスは、かゆみを悪化させたり、皮膚のバリア機能を低下させたりするためです。

不安もアトピー性皮膚炎の悪化要因となります。症状への不安や、将来への不安は、ストレスとなり、皮膚に悪影響を与えます。

ストレスと不安を軽減するために:

  • 十分な睡眠
  • 適度な運動
  • リラックスできる時間を作る
  • 趣味を楽しむ
  • 家族や友人と話す
  • 専門医に相談する

など、様々な方法を試してみましょう。

対処法をいろいろ身につけよう

アトピー性皮膚炎は、完治させることが難しい病気です。しかし、適切なスキンケアと治療によって、症状をコントロールし、日常生活を送ることができます。

スキンケア:

  • 保湿クリームや軟膏で肌を保湿する
  • 熱いお湯での入浴や、長時間の入浴は避ける
  • 肌を強くこすらない
  • 綿素材など、肌に優しい素材の衣服を着る

治療:

  • ステロイド軟膏
  • タクロリムス軟膏
  • プロトピック軟膏
  • 抗ヒスタミン薬
  • 光線療法

など、症状に合わせて適切な治療を受けることが大切です。

アトピー性皮膚炎は、本人にとっても、お子さんの場合はケアする保護者の方にも、大きな負担となりますが、適切なスキンケアと治療で、症状をコントロールしていくことができます。

アトピー肌、石鹸は使わず水だけで洗った方がいいの?

アトピー性皮膚炎の症状があるとき、石鹸を使わず水だけで洗うべきかどうかは、症状の程度によって異なります。

水だけで汚れは落ちない

皮脂や汗、汚れは水だけで完全に落とすことはできません。特に、皮脂は水に溶けにくい性質のため、水洗いでは残ってしまう可能性があります。皮脂や汚れが残ったままだと、毛穴詰まりや炎症を起こす原因になります。

アトピー肌でも、石鹸で汚れを落とした方が良い

アトピー肌であっても、症状が軽い場合は、石鹸を使って汚れを落とした方が良いです。水洗いでは落としきれない皮脂や汚れをしっかり落とすことで、肌トラブルを防ぐことができます。

ただし、ゴシゴシこすったり、熱すぎるお湯を使うのは避けましょう。肌への刺激が強くなり、症状を悪化させる可能性があります。

汁が出るようなアトピー症状の場合、石鹸を使うべきか

じゅくじゅくの汁が出ている症状の場合、石鹸を使うのは控えましょう。痛みが出て辛いですよね… 肌からの滲出液の成分を調べると、何が体内から排出されているのかがわかるので、対処法がわかりますから、皮膚科専門医を訪ねることをお勧めします。

滲出液が出ている状態は傷口なので、細菌感染を起こしやすい状態になっているということになります。汚れてしまった場合は、ぬるま湯で優しく洗い流すのがおすすめです。抗菌する必要性もあるので、体に合う抗菌薬を処方してもらう必要もあります。

症状が辛い時は動くことも億劫になってしまいますよね…

無理をする必要はないので、「適切な対処をすれば先に進める」という意欲を持てたらぜひお近くの皮膚科専門医に予約の電話をしてください。

医師も合う合わないがありますので、自分の性格に合った先生と出会えると良いですね!

石鹸の選び方が重要

アトピー肌に使用する石鹸は、低刺激で、添加物の少ないものを選ぶことが重要です。

また、泡立てネットを使って、きめ細かい泡を作ることも大切です。泡で肌を優しく洗うことで、摩擦による刺激を軽減することができます。

※石鹸の使用に不安がある場合は、皮膚科医に相談しましょう。

良くなりたいけど、悪化したくない…洗浄料選びのポイント

アトピー肌にとって、スキンケアは悩みの一つです。特に、洗浄料選びには慎重になりますよね。

自分に合う洗浄料を見つけて、試したいけれど、悪化したら怖い…

これまで色々な石鹸を試してきたけど、効果がなかった…もう自分に合う石鹸はないのでは?

周りの人と比べて、自分の肌はちっとも良くならない、もう何をしても無駄じゃないか?

私自身も息子のアトピーで本当に悩み尽くしてきました。市販のものは全てほとんど全て試したし、アトピーに良いという温泉に連れて行ったり、名医のいる県に療養移住したり…

TANE全身シャンプーバーは、そんな私が作ったアトピー肌の方にもおすすめできる製品です。なぜTANE全身シャンプーバーがおすすめなのか、その理由を詳しく説明します。

シンせっけんは、従来の石鹸とは異なり、苛性ソーダを使わない新しいタイプのせっけん。

無添加合成界面活性剤も使わず天然成分だけで作った肌に優しい全身シャンプーバー(固形シャンプー)として注目されています。

シンせっけん(全身シャンプーバー)の特徴

  • 肌への負担が少ない: 従来の石鹸に使用される苛性ソーダ(強アルカリ性の薬剤)ではなく、植物由来の洗浄成分を使用。そのため、肌への負担が少なく、敏感肌の方にもおすすめです。
  • 髪から足まで全身洗える: シャンプー、ボディソープ、洗顔料など、複数の製品を使い分ける必要がなく、全身を1個で洗えて約2ヶ月分。経済的です。
  • 環境にも優しい: 合成界面活性剤を使用していないため、環境への負荷が少ない製品です。

合成界面活性剤が良くない理由

「合成界面活性剤は良くない」と最近耳にした方も多いのではないでしょうか?良くない理由は、下記3つです。

アトピー肌の方が洗浄剤を選ぶときには、合成界面活性剤を使っていないものを選んでくださいね。

肌に刺激を与える

合成界面活性剤は、肌の表面にある皮脂膜や角質層の油分を溶かしてしまうため、肌のバリア機能を低下させます。これにより、肌は乾燥や炎症を起こしやすくなり、敏感肌やアトピーなどのトラブルの原因になります

体内に蓄積する

合成界面活性剤は、肌から吸収されて血液に入りますが、肝臓で分解されにくいため、体内に蓄積されます。これにより、内臓やホルモンの働きに悪影響を与える可能性があると言われています。

環境に悪影響

合成界面活性剤は、下水処理でも分解されにくいため、海や川に流れ込んで水質汚染の原因になります。また、生物の細胞膜を破壊したり、生態系のバランスを崩したりする危険性もあります。

試す価値あり!アトピー肌にはTANE全身シャンプーバー

アトピー肌にとって、スキンケアは悩みの一つです。特に、洗浄料選びには慎重になりますよね。

自分に合う洗浄料を見つけて、試したいけれど、悪化したら怖い

これまで色々な石鹸を試してきたけど、効果がなかった…もう自分に合う石鹸はないのでは?

周りの人と比べて、自分の肌はちっとも良くならない、もう何をしても無駄じゃないか?

TANE全身シャンプーバーは、アトピー肌の方にもおすすめできる製品です。なぜTANE全身シャンプーバーがおすすめなのか、その理由を詳しく説明します。

※Amazonの商品ページ

悪化する理由がない

TANE全身シャンプーバーは、無添加合成界面活性剤不使用です。そのため、アトピー肌を悪化させるような成分が含まれていません。

また、椿油米ぬか油などの天然由来の保湿成分が豊富に配合されています。これらの成分は、肌の潤いを守るため、乾燥によるアトピー症状の悪化を防ぎます。

使用感が違う 石鹸で洗った時のヌメヌメ感がない

TANE全身シャンプーバーは、従来の石鹸とは異なる独自の洗浄メカニズムを採用しています。そのため、石鹸で洗った時のようなヌメヌメ感がなく、洗い上がりはさっぱりとしています

このヌメヌメ感は、肌に残った石鹸カスが原因で起こります。石鹸カスは、肌の乾燥や刺激の原因となるため、しっかり洗い流すことが重要です。

TANE全身シャンプーバーは、ヌメヌメ感が少ないので、肌に残る石鹸カスが少なく、アトピー肌にも優しい使用感です。

肌本来の持つ力を底上げする

TANE全身シャンプーバーは、肌の必要な皮脂まで洗い流してしまうような洗浄力ではありません。肌本来の持つ力を底上げするような、マイルドな洗浄力です。

肌の表面にある皮脂膜は、外部刺激から肌を守るバリア機能を果たしています。TANE全身シャンプーバーは、この皮脂膜を守りながら汚れを落とすので、アトピー肌の改善にもつながります。

まとめ

TANE全身シャンプーバーは、アトピー肌の方にもおすすめできる全身シャンプーバーです。

  • 無添加合成界面活性剤不使用
  • 天然由来の保湿成分が豊富
  • ヌメヌメ感がなく、洗い上がりはさっぱり
  • 肌本来の持つ力を底上げ

アトピー肌で、自分に合う洗浄剤を探している方は、ぜひTANE全身シャンプーバーを試してみてください。