Home

アトピー肌におすすめの無添加ボディソープとは?

アトピー肌の方は、ボディソープ選びに悩まされることが多いのではないでしょうか。市販のボディソープには、合成界面活性剤や香料、着色料などの刺激物が含まれているものが多く、肌に負担をかけてしまいます。

無添加シャンプーバー、知ってる?

そんなときにおすすめなのが、無添加シャンプーバー(無添加固形石鹸)です。
無添加シャンプーバーは、刺激物を一切含まない固形のボディソープのこと

天然由来の成分で作られており、肌に優しく洗い上げます。

肌のバリア機能を守り、乾燥や炎症を防ぐことができるので、アトピー肌にピッタリ!


しかし、無添加ボディソープにも種類があり、どれを選べばいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで、今回はアトピー肌におすすめの無添加ボディソープをご紹介。

その中でも特におすすめしたいTANE全身シャンプーバーの魅力をお伝えします。

アトピー肌におすすめの無添加ボディソープの選び方

シャンプーバーに限らず、アトピー肌におすすめの無添加ボディソープを選ぶときには、以下のポイントに注意しましょう。

アトピー肌:ボディソープ選びのポイント

• 弱酸性であること
• 保湿成分が豊富であること
• 泡立ちが良いこと
• オーガニックであること

弱酸性

人の肌は、弱酸性のpHで保たれています。しかし、アルカリ性のボディソープを使うと、肌のpHバランスが崩れてしまい、肌のバリア機能が低下します。その結果、乾燥や炎症を引き起こしやすくなります。

そのため、アトピー肌の方は、弱酸性のボディソープを選ぶことが大切です。

保湿成分が豊富であること

アトピー肌の方は、肌の水分保持能力が低く、乾燥しやすいです。乾燥すると、肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激に弱くなります。そのため、保湿成分が豊富なボディソープを選ぶことが重要です。

天然の植物オイル(ホホバオイル、椿油、米油、アルガンオイルなど)は、肌に水分を与えて、しっとりとした肌に仕上げます。

泡立ちが良いこと

泡立ちが良いボディソープは、肌に優しいと言われています。泡立ちが良いと、摩擦による刺激を減らすことができるからです。

また、泡立ちが良いと、汚れをしっかりと落とすことができます。泡立ちが悪いと、汚れが残ってしまい、肌トラブルの原因になります。

オーガニックであること

オーガニックとは、化学肥料や農薬を使わずに栽培された植物や動物のことです。オーガニックのボディソープは、天然由来の成分で作られており、肌に優しく安全です。また、オーガニックのボディソープは、環境にも優しいというメリットがあります。化学物質が含まれていないので、水質汚染を防ぐことができます。

アトピー肌におすすめ!ボディソープ

それでは、アトピー肌におすすめのボディソープのおすすめ商品を紹介します。


• 第1位:シャンプーバー TANE 国産 全身用 オールインワン 石鹸シャンプー 固形


• 第2位:キュレル 泡ボディウォッシュ


• 第3位:ミノン 全身シャンプー 泡タイプ

特におすすめしたい!国産全身シャンプーバー TANE

世に溢れているボディソープは、液体ボトルが多いですよね?

実は、液体ボトルの中身の9割は水水は腐りやすいので防腐剤がたくさん必要で、防腐剤の材料にアレルギー反応が出る人もいます(うちの息子はそうでした)

固形の全身シャンプー1個には、ボトル4本分の成分が含まれており、固形なので防腐剤がほとんどいりません。

「何を使っても洗ったら痒くなるのが普通」って思っていませんか?

かゆくならない新せっけん(石鹸とは違って苛性ソーダも不使用。植物由来成分100%)一度お試しをお勧めします‼️

TANE全身シャンプーバー

おすすめポイント

お手頃価格で節約になる

1個2780円(送料・税込)で全身2ヶ月分。髪・顔・体ぜんぶ洗えるので、他のボトルは一切いりません。

お掃除も楽で節約にもなります。

安心の国産

椿や米油、エプソムソルトなどの国産原料で作られています。化学原料や水を一切使わず、天然の美容成分をギュッと固めています。

リンス不要:肌や髪本来の力を底上げして潤います

リンス不要で、美容オイルたっぷり配合で、髪や肌に内側から潤いを与えます。シリコンなどの人工化合物不使用で、自分の肌や髪が本来持つ自活力を取り戻します。

エシカル:環境にやさしい

プラスチックボトルごみを減らすことができ、地球にやさしくエシカルです。

持ち運び便利

洗浄料はこれ1つだけでOK!持ち運び便利で旅行、ジム、キャンプにも使え、液漏れもしません。

使い方